どろあわわで肌が乾燥する?

どろあわわは保湿にも配慮している

 

どろあわわというと、しっかりした泡と、
マリンシルトなどの泥成分のおかげで、毛穴などの汚れがきれいになる、
洗浄力が高いという感想が多いです。

 

ただ、洗浄力が高いとなると、肌の乾燥が心配になる人もいるでしょう。

 

ところがどろあわわは、肌の保湿にも十分配慮しているんです。
乾燥肌や敏感肌でも「自分の肌に合う」という人はけっこう多いんです。

 

豆乳発酵液が肌に浸透

 

それで、どろあわわが肌の保湿のために配合している成分の一つとして
「豆乳発酵液」というのがあります。

 

まあ豆乳というのは美容と健康にいろいろ役立つものとして有名ですけど、
これを発酵させたものを肌につけて、どんな効果が望めるの?
ということですね。

 

説明によると、豆乳を発酵させることで
その成分が細かくなって肌に浸透しやすくなっているとのこと。

 

調べてみますと、豆乳発酵液の肌への効果に関する実験もありました。

 

豆乳発酵液の効果

 

豆乳発酵液に含まれる大事な成分としてイソフラボンがありますが
このイソフラボンを表皮細胞に与えると、
肌の保湿力がアップするという実験結果が得られました。

 

あとは、イソフラボンを線維芽細胞に与えると、
線維芽細胞のヒアルロン酸生成が活発になるという結果もでました。

 

ヒアルロン酸というのは保湿成分として有名ですね。

 

ただ、線維芽細胞というのは真皮の細胞ですので、
肌につけたものが浸透していくとは考えられませんけど。

 

それでも1つ目の実験結果は表皮へのものですので、
保湿力が上がるということは十分期待できるわけです。

どろあわわで肌が乾燥する?|どろあわわ楽天調査隊関連ページ

どろあわわに用いられているマリンシルトとは
どろあわわの「泡」のメリット