どろあわわは毛穴汚れに効果あり?正しい毛穴ケアを!

毛穴の開きや黒ずみなど、いちご鼻の悩みをかかえておられる人はスキンケアや洗顔方法に問題がある場合が非常に多いです。
こういった肌トラブルを解決するには正しい洗顔方法を行う必要があるので、
まず今までの洗顔方法を見直すことをおすすめします。

むしろ逆効果!?おすすめしない毛穴ケア!

手や爪で強引に角栓を押し出している

1度はやったことのある人、多いのではないでしょうか。
お風呂や洗面所で鏡を見ながら押し出すと毛穴からニュルニュルと角栓が出てきますよね。

 

押し出したあとは気持ちよいですが、この後が大変なんです。
まず爪はさまざまな菌が繁殖している場所なので、その爪でお肌を傷つけてしまうと、肌に菌が入り込んでしまう危険があります。
その上、力を入れて押し出すので無理やり毛穴が開くことになるので、そのまま開ききった状態になる可能性も。

 

角栓を押し出した直後は綺麗になったように見えても、その分皮脂が過剰に分泌され、より多くの角栓が毛穴に詰まってしまう原因になってしまいます。

毛穴パックをつかってしまう

薬局やドラックストアなどで手軽に買うことのできる毛穴パックですが、実はこれ肌ストレスの原因だったんです。
パックを顔に張り付けると強い粘着によってお肌にダメージがかかってしまい、剥がす際には肌表面の組織まで一緒に剥がされてしまいます。

 

また毛穴パックの使用後、きちんとケアが出来ていなければ、こちらも毛穴が開いたままの状態になってしまうため、
毛穴を広げる原因になってしまいます。

毛穴の黒ずみを強くこすってしまう

「汚れているならこすって洗い落としていまえばいい」この考えは非常に危険です。
洗い落ちるどころは肌表面の角栓がさらに奥まで入り込んでしまうことになってしまいます。

 

またこするということは強い力をかけることになるので、肌を傷つける原因にもなりますし、その傷から菌が侵入して炎症を起すリスクもあるんです。

どろあわわの泡の力で毛穴汚れをきっちりキャッチ

イチゴ鼻の原因は毛穴の奥に入り込んだ角栓の塊。

 

どろあわわはこれらの毛穴の汚れをマイナスイオンの力で吸い寄せて、しっかりと吸着し、
また豆乳発酵液やヒアルロン酸なども配合されているので、汚れを吸い取った後の保湿のアフターケアまでバッチリこなしてくれます。